センスに自信のない人はプロに頼んでベストな名刺を作成

SITEMAP

Business card

余白に注意をしながら名刺作成をする

スーツの男性

余白を全く入れないで名刺を作成してしまう人もいますが、余白が無いと見るのも嫌になってしまうような名刺になります。余白がありすぎても適当な名刺に見られてしまうので難しい部分ではありますが、見やすくなるようにどれくらいの余白を入れるのかなど考えてから作業をするようにしましょう。
余白の部分を考える場合は、まずレイアウトを作ってみる必要があります。どこに名前を入れて、連絡先を入れるのか簡単に決めるだけで良いです。決め終わったら試しに1枚作成をしてみましょう。他の人の名刺と比べて少し見にくいと感じる場合は余白が少なく、寂しい名刺だと感じる場合は余白が多いです。自分で作成をするのではなく、業者に依頼をする場合は、余白の事について最初に話してみると良いでしょう。しつこく余白の事で話し合いをすると、見やすさにこだわりを持っている人だと感じてもらえるので、経験を元に見やすいレイアウトの物を完成させてもらう事ができます。
こだわりを持ちたい部分は人によって異なりますが、年配の人を相手に仕事をする事もあるので、誰でも見やすいと感じる名刺にしましょう。一番目立たせないといけないのは名前なので、名前の周辺の余白は特に大切になります。

CONTENTS

TOP